So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

冬の峠

この時節は、むやみに眠いのです。「暁を覚えず」の春眠とは違い、昼間にやたらと眠くなります。もしかしたら、体の奥底に眠っていた冬眠の遺伝子が目覚めるからなのかもしれません。

この地にかつて暮らしていた縄文人、彼らは冬眠をしていたのでしょうか。きっとしていたに違いありません。冬は大してやることがありません。服のほころびを繕ったりもしたでしょうが、雪が積もり、寒くてやることがなければ、人は眠たくなります。動きたくなれば動き、眠りたくなれば眠る、それが自然の理というものでしょう。一つどころに集まり、火を絶やさないようにしながら、おそらく交代で冬眠をしたのではないでしょうか。だれも証明できないものを、あれやこれや想像してみるのも冬の楽しみの一つです。

想像のもう一つは、時間の流れです。都会へ行くと、時間は速く流れています。街中や駅を人々は足早に歩きます。田舎にいると時間はゆっくり流れています。息せき切って急ぐ人はいません。では縄文の時代はどうだったのでしょう。ここよりずっとゆっくり流れていたのでしょうか。一説に時間の概念がなかったといいます。人類は書き言葉を得て、直線的な時間を獲得したといいます。今のように自然を対象化することなく、自然という額縁の中で、そこから抜け出すことなく暮らすという感覚はどういうものだったのでしょうか。田畑や野山が無人になる北国の冬は、そんな感覚を探るいい機会です。

連日、最高気温が氷点下で、冷凍庫の中にいるようです。凛とした寒さは、身も心も引き締まります。生活は縮こまりますが、今は内に向かう時期なのだと思うと、悪くありません。そういう日々があっていい、と思うのです。

庭の脇を流れる海上川は、両岸に氷を張りつめ川幅を狭めています。流れているのかいないのか、おとなしいけれども、氷雪の白帯を着飾り、きらめいています。

とうに野山の赤い実は目立たなくなっていますが、川岸にある漆の木々には、まだ金色の神楽鈴のような実が残っていて、鳥たちが群れています。近づけば、騒がしく鳴きながら一斉に飛び立ちます。漆の実は、冬の鳥たちのいくつものいのちを繋いでいることでしょうか。

立春です。寒さも峠に差しかかりました。冬は峠道をおりてゆくことになります。春を心待ちにしたいと思います。

月暦で言うと、今年は2月15日が大晦日、16日が正月の一月一日、3月2日が小正月になります。

冬まなか雪の岸辺の青空に漆の木々の実くきやかにあり
冬空のうす青くして半眼の月松山をひそかに上る
まっさらの雪踏みしめるうれしさよ われのうちにも清き雪あれ

            IMG_3958.JPG
            雪の朝2.JPG
             



nice!(0)  コメント(0) 

冬の眠りに

すでに真冬の気圏に入りました。朝は連日氷点下で、最高気温が氷点下の日もあります。今年は早くから雪が降り、このまま根雪になることでしょう。山は色を失い、川は歌うことをやめました。畑の大根などの葉物は、雪をかき分けると凍ったまま緑の葉を保っています。山川草木は、ありのままに冬を迎え入れています。私も自然体でいたいと思いますが、北国に住んで日月も浅く、まだ冬の構えを必要とします。

これからほぼ4カ月、雪の暮らしになり、世界は別物になります。音もなくひたすら降り積もる雪に、時には恐怖を覚え、冬晴れの朝の雪面の煌めきに、美しさの極みを見ます。雪は、この世の恐怖も狂気も冷酷も、純粋も潔白も温もりも、みんな教えてくれます。

冬至が過ぎ、太陽が復活しました。すでに桂や楓や胡桃や栗などの庭の木々たちは冬芽を用意し、春をじっと待ち望んでいます。これから大寒に向かって春を内包しながら、冬はその色を濃くし、時を前へ進めていきます。


歌♪ 冬の眠りに ♪

1、.遠い遠い   空の  向こうから 
白い白い   雪が  落ちてくる
松の枝に   杉の山に   止めどもなーく  落ちてくる     
まるで 野山を  包んで   眠らす  ように
                                  
2、遠い遠い   空の  向こうから 
白い白い   雪が  落ちてくる
屋根の上に  橋の上に   止めどもなーく 落ちてくる
まるで 村村   包んで   眠らす  ように

3、遠い遠い   空の  向こうから 
白い白い   雪が  落ちてくる
きみの髪に  ぼくの肩に  止めどもなーく 落ちてくる
まるで 二人を  包んで   眠らす  ように

このまま このまま  眠ってしまう かも しれない
このまま このまま   冬の眠りに  つく のだろう

            IMG_3871.JPG


nice!(1)  コメント(0) 

東京へ

午後6時新宿駅で待ち合わせをしたのですが、ちょうど退勤時刻に重なったからでしょうか、ものすごい人の流れです。まるで、何者かに壊された蟻の巣のような人の流れ。都市は偉大で、異様です。

二戸に帰って、山の畑で片づけをしていたら、午後4時にはすでに月が出ていました。無風無音無人で、山と里のあわいの野ぎわの風景に、体が溶け出しそうでした。私が消え失せ、風景の一部になった気がしました。

経済格差もさることながら、この都市と田舎の風景の格差は、何なんでしょう。同じ時代の同じ日本の風景とは思えません。時代の流れの中で格差は生まれるものではあるけれど、極端というのは考えものです。格差是正に国や政治の役割があると思うのですが、今は逆です。格差を進んで助長し作り出しています、なぜでしょう。

農業漁業林業で豊かに暮らしていける社会を、もう一度新しく作り直せないのでしょうか。美しい農村や漁村や里山の広がる風景を想像してみます。普通に人がいて普通に家や建物があり普通に自然がある風景。そんな調和のとれた風景は、もう想像の世界の中でしかないのでしょうか。除草剤やカメムシ防除剤を大量に撒き、化学肥料を大量に使う農業。いつから私たちは、草を嫌い虫を嫌い土を嫌い、総じて自然を嫌うようになったのでしょうか。

能楽堂で能や狂言を見、北斎美術館に行き、運慶展に足を運び、銀嶺ホールで「人生フルーツ」を見、ジュンク堂で本を買い、いくつか個展に寄り、喫茶店でコーヒーを飲みながら、あれやこれやを思い巡らし、考え、東京を楽しんできました。

そして帰ってきました。私はここで暮らしながら、体の中の内なる自然をもっと広げていきたい、そう思いました。

静止画の風景の中に溶け出だす山の畑の午後4時の我
山里の冬の初めにしとど降る雨は冷たき温かきもの

            IMG_3835.JPG
            IMG_3829.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

後生掛温泉

農事が大方終わりましたので、骨休めに後生掛(ごしょうがけ)温泉に行ってきました。時おり北風が吹き荒れ、枯れ草がなびき、色あせた木々の葉が流れ落ち、初冬の気配漂う山道に車を走らせます。幾分紅葉の残っている山里を過ぎて、八幡平の頂上に通じる山道に入ると、林の中に湯気が上っています。もう温泉はじきです。

春から夏の、盛りの季節を過ぎ、秋から冬の、翳りの季節を目の前にして、今年の農事のあれやこれやを思いつつ、温泉に浸かります。低温で雨の多い年でした。春先に泥負い虫が大発生しました。、ヌカカやブヨによく刺され、冷夏で嵩(かさ)は張っていましたが実は少なく、ぬかるみに足を取られ作業がはかどらず、などと今年の米作りの苦労を思い起こします。でも男時(おどき)女時(めどき)が順次繰り返されるのは、「力なき因果」だと世阿弥が言うように、きっといい年もあるでしょう、と根拠なき確信?が湧いてくるのも、温泉の効能のひとつです。蒸し風呂、気泡風呂、泥風呂、露天風呂と浸かり、地球の体温を感じながら疲れをほぐします。体に沁みついた温泉のにおいは消えることなく、効能が長続きしそうです。

八甲田に地獄沼がありましたが、ここにも地獄がありました。泥湯温度94度の紺屋地獄です。染料を煮ているかのように硫化鉄の沈殿物が蒸気となって湧きあがります。じっと見ていると、湧いているのに吸い込まれそうになる力に満ちているから不思議です。地獄があの世の地下にあるのではなく、この世の水平方向の地続きにある、それがなんともいいのです。ただし、善人も悪人もここで地獄を見ることができますが、中には入れません。熱すぎます。

後生掛けの名にあやかり、そう遠くはない私のあの世(後生)が、極楽であることを願い、ついでにこれからの今生も極楽であることを願いつつ、温泉をあとにしました。

氷が張る朝もあり、すでに暖房の欠かせない冬が動き出しました。

            IMG_3800.JPG
            IMG_3801.JPG
            IMG_3812.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

十三夜月待ち

お米とソバの脱穀が終わり、十三夜とキルタンの会の、二つの大きな催しが終わりました。いっとき今ここを離れ、私たちを遠い懐かしい世界に連れて行ってくれた声明に似たキルタンの歌会。息をのむような美しさの十三夜の月の出。体を使った農作業と、心に響く月待ちと歌う瞑想のあとは、弛緩しながら長い冬に向かって、ひとつひとつ心身が閉じていく感覚です。ことを終えた今、そういう自覚を目の前に開かれた里山の風景が後押ししてくれます。閉じられ開かれ、夜と昼の日々はくり返し、春夏秋冬の季節は巡ります。里山は紅葉の盛りを過ぎ、落ち葉の敷物に淡い斜めの日差しが落ち、裸の木々の林に森に、松や杉の緑が浮き立つ時節になりました。

朝夕に霜は運ばれ、風はなく日が差せば暖かい。冬が来る前の穏やかな日々が続いていたその夕刻、小高い山の松林の樹間がにわかに明るくなりました。時速3700キロでありながら、徐々に山の端に顔を出すお月様。十三夜の月待ちです。広縁に集まった22人が月の出を待つ。なんというわくわく感。月待ちをするその一つのことで、こんなに盛り上がりひとつになれることの不思議。厳かで平穏な心の布目模様が辺りに広がります。

今年も十三夜の月は名月でした。集まった人の心を引きつけてやまない十三夜の山の月がありました。お月様と夏林一彰さんのギターの弾き語りという名優に魅せられ、仕出しのさとうの十三夜の月見弁当、栄宝堂の十三夜饅頭の脇役に支えられ、今年も十三夜の月待ちを無事終えることができました。お陰様でひと区切りがつき、これから冬仕度を整えることができます。

            十三夜 (3).JPG
            十三夜 (5).JPG
            十三夜.JPG
            IMG_3775.JPG
            キルタン2.JPG
                        

nice!(0)  コメント(0) 

御鼻部山(おはなべやま)展望台

山の畑でソバを刈っていると、北の空から白鳥の群れが渡ってきました。クワーク、クワークと励まし助け合うように声を掛け合い、南へ向かっていきました。天地に冬がきました。天地は夏と冬しかありません。冬と夏の境界を春、夏と冬の境を秋、と人が呼んでいるだけで、天地は二季です。地球の生き物は、二季のめぐりの中で生き、いのちを繋いでいます。この地で植物や動物の営みを観察していると、そのことがよくわかります。

季節の境界はとても魅力的で、その一つに紅葉があります。全山が錦を纏い、装う姿は圧巻です。毎年この時期、迷が平を抜け、十和田湖、奥入瀬、蔦温泉、笠松峠、酸ヶ湯、八甲田、田代平へ、今年の紅葉はどんな様子でしょうかと定点観察しに行きます。自然は、年ごとに紅葉の衾紙を張り替えます。早かったり遅かったり、濃かったり薄かったり、あでやかさも枯れ具合も毎年違うのです。時はくり返しながらも、前へ移動し今を形作っています。今年の今の様態が紅葉の景色に表出されます、それが面白いのです。

今年は御鼻部山(おはなべやま)展望台からの十和田湖の眺めがすばらしかったです。ここから雄大な十和田湖が一望できます。その日は寒気がやってきて、雪雲が流れていました。その雲の隙間から薄日が差し、大きな鏡の湖水に雲の影が流れていました。今まで見たことのない別の世界の風景が広がっていました。

湖に浮かぶ二つの半島の写真右が中山半島、左が御倉(おぐら)半島。その二つの半島に囲まれているのが中の湖(うみ)です。大昔、火山の爆発でできた大きな湖に、後年さらに爆発が起こり、その部分が深い湖となります。それが中の湖で、水深が327メートルほどあります。十和田湖は日本唯一の二重式カルデラ湖で、周りの浅い湖から深い中の湖へと、水は川のように流れています。そのことが、もとは紅鮭だったヒメマスの生育の鍵を握っているようです。

それにしても十和田湖は魅力的です。湖を見ていると、湖の底の無意識の世界とか井戸や地下室とか闇の世界とかに、魂が連れて行かれそうになります。吸引のエネルギーは相当なものです。昔の人も不思議な力を感じていて、それが江戸時代に盛んだった十和田信仰につながっていたのでしょう。紅葉もいいが、古人が感じていた世界を、今も感じ取れるのが十和田湖の魅力だと思います。

            IMG_3694.JPG
            IMG_3651.JPG
            IMG_3663.JPG
            IMG_3728.JPG
            IMG_3734.JPG
            IMG_3737.JPG
            IMG_3738.JPG
            IMG_3742.JPG
           
nice!(0)  コメント(0) 

稲刈り

稲刈りとはせがけが終わりました。今年は雨が多く、田はぬかるみ、なかなかバインダーを入れる機会がありませんでした。晴れが続いた束の間に、ここぞとばかりに判断して稲を刈ります。刈ったのち、刈り地にはせがけの棒を組み立て、束ねた稲を天日に干すため一把ずつかけていきます。根気のいる作業です。2日ほどで仕上がりましたが、翌朝雨の中、田に出かけるとはせ棒が倒れていて、また半日かけてかけ直します。というのも雨続きで土がゆるく、支え棒が十分に効かないのです。

おまけにヌカカやブユに咬まれ、まぶたが膨らみました。泥田に足を取られ、脛はパンパンで正座がままならなかったのです。メマトイが眼球めがけてきます。跳ねた泥が目に入り、飛蚊してます。

5月末から今日まで、アメンボ、ヤゴ、赤トンボ、イトトンボ、ゲンゴロウ、豊年エビ、水カマキリ、ヒル、蛇、オタマジャクシ、蛙、イモリ、ゾウムシ、イナゴ、蜘蛛、ドロオイムシ、カメムシ、それにイネコウジカビ、イヌビエ、オモダカ、ホタルイ、シズイ、イボクサ、アザミ、野紺菊などたくさんのいのちとやり取りをして、そしてその日の天気とやり取りもしながら農作業を進めてきました。うまくいく日もあればうまくいかない日もあり、人の力の及ぶところと力の及ばないところもありますが、総体として稲は実り、お米を手にすることができ、美しい田園風景が守られます。

昨今、機械化や農薬によって、生きものの生と死のドラマが見えづらい米作りになっていますが、見えづらいだけで、今でも無数のいのちのやり取りが、田んぼとその周辺で行われています。自然農は苦労は多いけれど、生きもののいのちのやり取りを、日々体感し見られる楽しみと発見があります。

先日の中秋の名月、雲間からとっておきの月が見えました。お月見で人と人がつながっていける、古人ともつながっているのは、うれしいことです。

10月28日(土)陰暦九月九日14時から15時20分、キルタンの会を開催します。秋田市より藤原佳子さんをお呼びし、「歌う瞑想」と呼ばれるインドの讃美歌”キルタン”をリードします。どうぞお越しください。メールにてお申し込み、お問い合わせください。

また、11月1日(水)は陰暦の九月十三日、十三夜です。十三夜の月見をします。こちらもメールにてお申し込み、お問い合わせください。

  メール:jomon.uzumakisha@gmail.com

            IMG_3568.JPG
            IMG_3570.JPG
            IMG_3579.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

鬼剣舞公演

台風18号がやってくるあやしい天候でしたが、仏の加護があったのでしょう、薄日のさす穏やかな天候の中で、谷地鬼剱舞の演舞が庭で行われました。

鬼のもつエネルギーは壮大です。時には制御できずに、邪悪なものと化し、世に災いをもたらします。だから真っ当に制御されなければなりません。邪悪そのものが、角のかたちになっているのですから、仏の加護を得て改心した鬼は、角をもちません。もう、鬼ではなく鬼の顔をもつ仏なのです。角のない鬼剱舞の鬼は、仏の化身です。

壮大な大地のエネルギーを得て、その良導体となった仏の鬼が舞います。制御されてもなお余りある、大地のエネルギーの通り道となった鬼の体。その鬼の舞いは、激しい。力強く、構え、飛び、跳ね、くねり、揺れ、振るいます。鬼剱舞の踊りは勇壮そのもの。それは演舞を終えたあとの、踊り手の吐く息の荒さからも見て取れます。ほとばしるエネルギーの発露は、見ていて気持ち良いものです。すがすがしい気持ち良さです。見ているものの体にも、エネルギーが通過していったからなのでしょう。去年と違う演目もあり、楽しみながら元気をもらえました。

不思議なことに今年も虹が懸かりました。去年は当日の朝、今年は翌日。飛鳥平安から今日まで、延々と伝承されている鬼剣舞。まるで古人の魂が虹となって現れ出て、祝福してくれているかのようです。こうして素晴らしい鬼剣舞の踊りが見られるのも、古の人達からの贈り物です。死者たちの遺産、それが伝統なのだと思います。死者は今生きている私たちに、たくさんの力を贈与してくれます。

私も谷地鬼剣舞の踊りから、たくさんの力をもらうことができました。死者たちの遺産を真摯に受け継ぎ日々精進している、庭元の高橋さん、会長の伊藤さんをはじめ、谷地鬼剣舞のみなさんのお蔭です。ありがとうございます。また明日からのいろいろを頑張ろうと思います。

 短歌三首

笛太鼓 鉦(かね)の囃子(はやし)に 呼び出され 古代の魂(たま)は 地に下りて舞ふ

踊り手の 毛(け)ざい渦巻く 鬼剱舞 息するごとく 力溜(た)め吐く

虹の橋 名久井(なくい)の山に 架け置きて 鬼剱舞の 踊り組去る

10月28日(土)陰暦九月九日14時から15時20分、キルタンの会を開催します。秋田市より藤原佳子さんをお呼びし、「歌う瞑想」と呼ばれるインドの讃美歌”キルタン”をリードします。どうぞお越しください。メールにてお申し込み、お問い合わせください。

11月1日(水)は陰暦の九月十三日、十三夜です。十三夜の月見をします。詳しくはメールにてお問い合わせください。
メール:jomon.uzumakisha@gmail.com

            IMG_3546.JPG
            IMG_3504.JPG
            IMG_3508.JPG
            IMG_3513.JPG
            IMG_3512.JPG
            IMG_3520.JPG
            IMG_3530.JPG
            IMG_3534.JPG
            谷地鬼剣舞.JPG
            IMG_3548.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

七夕さま

雨モードの夏は終わりを告げ、晴れの日が続いています。晴れれば気持ちも晴れやかになり、仕事がはかどります。この間雨の日が続き、手をかけぬうちに気がつけば夏の草々は、もう十分に背丈を伸ばしています。いくつかは種を結んでいました。

種が結び始めると、5月からの草刈りにも目途がつき、そろそろ草刈りの時期も終わりになるなと、ほっとします。同時に、なぜか少しばかりの寂しさも覚えます。夏がゆるりと手を振り、遠ざかってゆくからでしょうか。夏への惜別の情なのでしょうか。季節は、上りから下りへと緩やかな放物線を描いて、冬へ向かい始めました。

そばの花が満開です。白い花畑に蝶やトンボや蜜蜂たちが群れ飛び、いい感じです。まるで、里山の片隅に楽土が開かれたようです。楽土はいつも、夏から冬の境目のほんのひと時だけ現れます。それは夜空も同じことで、この時期は月や星々がことのほか美しく輝きます。

先日の陰暦の七月七日には、子どもたちと七夕の催しを楽しみました。曇っていて見えなかったのですが、天空に広がる天の川を心に描き、短冊に願い事を書いて「たなばたさま」を歌い祈りました。どうか、みんなの願い事が天に届きますように。

お月さまお星さまはいつまでも輝きを失うことなく、私たちを天空から見守ってくれます。これまでもこれからもいつの世も、私たちの体と心の拠りどころなのです。

咲くも枯れぬも花なれば、夏の花々は枯れ、入れ替わるように秋の花の嫁菜や野紺菊やススキが咲き始めました。

11月1日(水)に十三夜の月待ちをします。メールにてお問い合わせください。
メール:jomon.uzumakisha@gmail.com


            七夕様.JPG
            七夕様2.JPG
            ソバ畑.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

足踏みミシン

盛夏になったと思ったら、毎日雨模様の天気ばかりです。ほぼ2週間余り、やませによる低温注意報が出て、曇りの日が続き雨が降っています。こうなると稲の実生りが心配ですが、太陽を自ら作ることは適わないので、何とも手の施しようがありません。ちょうど花のかかる時期で、うまく受粉し、粃(しいな)にならないことを祈るだけです。

それにしても自然はわかりません。奥が深い。こんな夏になるとはだれが予想できたでしょうか。今夏は気温が高めの予想だったはずで、人はまだ、自然の総体のほんの少ししかわかっていない、と言えるのでしょう。あくまでも謙虚に、自然を探っていくより手はありません。

蔵に足踏みミシンが眠っていました。ミシン本体の収納袋の部分にネズミの巣があったのでしょうか、もみ殻が詰まっていましたし、動きません。使い物になるかどうか、ミシン屋に見てもらい、結果直してもらいました。使えるようになってよかったです。昔と今を断絶することなく、つないでゆくことができました。古民家も庭の巨木も足踏みミシンもみな、死者たちからの贈り物だと思い、受け継いでいきたいと思います。あとはミシンの使い手を探しています。

今年も北上市谷地鬼剣舞の踊り組が来て鬼剣舞を踊ります。入場無料です。お問い合わせはこちらです。
メール:jomon.uzumakisha@gmail.com


            足踏みミシン.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

盛夏

学校が夏休みになった先日、小学生の親子が箸作り体験に参加しました。オノオレカンバの五角箸を磨き、模様をつけ、オイルで仕上げます。熱心に作業をし、親子二組の箸を完成しました。この箸で、いのち渦巻く食べ物をいただき、元気に夏休みを過ごしてもらいたいと思います。

里山の風景の中に、オニヤンマが飛び、ヒグラシが鳴き、鬼百合が咲き、クズの花が乱れ落ち、虻がまといつき、草々は勢い繁茂しています。すさまじいと表現できるほど、いのちの気に満ちている盛夏の中に、私は今いるのです。でも、それは昼間のことで、夏の気は、夜には落ち着いて涼しいのが北国です。そんな北国の夏に体が馴染んできました。

ここにきて稲の出穂があり、田の草取りが終了しました。思えば6、7月の2か月のほぼ毎日田に入り、草取りをしました。草取りをしながら日々、稲の生長を見てきました。草に負けないように手助けをすれば、稲は無肥料でもすくすく育ち、穂が出ます。稲は、太陽と月と地球のエネルギーを受けて大きくなります。稲のおおもとの肥料は、太陽と水と土なのだ、と合点します。植物も動物も、おそらくいのちあるものはみな、そうなのでしょう。

山の畑では、ナストマトキュウリなどの夏野菜が大きくなり、実りだしました。ソバの種まきもしました。田の草取りが一段落し、山の畑や庭の整理に力を注ぐことができるようになりました。いのちを育て、いのちをいただく農の営みは、今その佳境を迎えつつあります。

九月十七日(日)午後1時から、北上市谷地鬼剣舞の踊り組が来て、今年も鬼剣舞を踊ります。入場無料です。お問い合わせはこちらです。

メール:jomon.uzumakisha@gmail.com

            IMG_3332.JPG
            IMG_3314.JPG
            IMG_3282.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

ヤマドリ

先日の月の寺子屋は、月暦のしくみ、二十四節気、閏月、新月、満月、晦日、三日月、二十三夜講、月待ちなどのお話をしました。保育園や幼稚園の子を持つ若いお母さんたちが、熱心に耳を傾けてくれました。月のリズムに同期して暮らす、宇宙のいのちのリズムを体に入れて暮らすことができたら、と思います。

さて、田植えをしてから2か月近くになります。連日暑いさなか、ぬる水に浸かり、ホタルイやシズイやオモダカやコナギの草取りをしていますと、今年もヤマドリが畔に姿を現し、あいさつに来てくれました。柿本人麻呂の「あしひきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を ひとりかも寝む」のあの山鳥ですが、田んぼに現れたのは、去年あいさつを交わした美しい羽をもつ雄のヤマドリです。

ヤマドリは草や虫をつつく動作をしながら、ほんの1~2メートルの距離まで近づいてきました。お互い横目で見やりながら、「よかったよかった」と無事に再会できたことを喜びます。来年は会えるとも限りません。ヤマドリは猟の対象ですし、私もあてのない身なのです。

中干しが終わりたっぷりと水を入れました。赤トンボや糸トンボの羽化が始まりました。あそこにもここにも100匹以上のトンボが、田んぼから羽化しています。毎年、この光景に出合えるのが何よりうれしいのです。トンボたちの育ての親の一人となることができたのです。心はずむひと時に、草取りの苦労が相殺され、苗消毒や除草剤なしでよかったと、自ら心に納めます。暑くて仕事はきついですが、一期一会の幾つものいのちと交差する、真夏の田んぼ。朝に田を迎え、夕暮れに田に送られる日々の繰り返し。その繰り返しの中で稲はもう立派な青年にまで成長しました。穂が出るのももうじきです。

            IMG_3231.JPG
            IMG_3216.JPG
            IMG_3210.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。