So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

6回目の月待ち

雲ひとつなく晴れ渡る秋の午後、十三夜の参加者が三々五々集まってきました。なんと穏やかな秋の日なのでしょう。ススキの白い穂がそよと揺れ、桂の黄葉がはらはらと舞い、染め上がった赤トンボが笊籠の上でじっとしています。今年は台風が多かったので、こんな秋日和の楽土が心にしみます。

やがて日が陰ってきました。すでに囲炉裏の周りに人が集まり炭火を囲んでいます。中座敷奥座敷でそれぞれが談笑しています。自ずと古民家に月夜の舞台が作られてゆきます。

その舞台に師や先生と呼ばれる人が立つと、たちまちのうちに空気は変容します。ピアノの音が鳴りはじめると、もう私たちは別の世界のただなかに立っているではありませんか。張りつめているにもかかわらず空気はやわらかく暖かいのです。

かつてショパンやベートーベンが感じたでしょう魂の震えを、200年という時空を超えて今感じています。今感じている心地よさは、大作曲家が感じた心地よさなのです。彼らがいた世界が立ち現れ、その世界と通じ合うことができます。それを繋いでくれた桂先生のピアノの演奏はすばらしい。私はクラシックに疎いですが、感じることができます。体の奥底に眠っていた何かが目を覚まし、喜んでいることを。

松林の裏に張りついていた十三夜の月は、すでに林を抜け、天空の表舞台に姿かたちを明らかにしています。煌々と照る月影。お月様もピアノの心地よい演奏に誘われてお出ましになられました。月と古民家とピアノと人が織りなす錦秋の時空にとっぷりと浸かる幸せなひと時をもつことができました。

古民家でのピアノ演奏という、決して条件がいいとは言えない中で、心を揺り動かす演奏をしてくださった桂先生に感謝です。良き人の周りには良き人が集まる、のごとく先生のお仲間たちは心優しい人たちでした。また、遠く東京や盛岡、八戸、九戸、一戸から来て下さり、地元からもたくさんの人たちが参加してくれました。お赤飯や南部煎餅、お菓子などの差し入れもたくさんいただきました。月見弁当、月見饅頭の仕出しのさとう、栄宝堂さんにもお世話になりました。いろいろな人たちの良き力が合い和し、総勢38人で6回目の十三夜を無事終えることができました。ここにお礼を申し上げます。

            十三夜.JPG
            十三夜1.JPG
            十三夜2.JPG
            十三夜3.JPG
            十三夜4.JPG

            

nice!(1)  コメント(0) 

谷地鬼剣舞

今年で3年目になりますが、はるばる130キロ余り、北上市から谷地鬼剣舞の踊り組み18名が下海上地区に来訪し、庭で鬼剣舞を舞いました。今年も晴れて天気は上々、赤トンボの舞う気持ち良い午後、変哲のない草地の庭は、お囃子や踊り手が揃い祖霊が帰る神聖な舞台として立ち上がります。精霊トンボに運ばれた精霊様が帰る聖地となりました。

笛や鉦や太鼓のお囃子が鳴り出し、ひざまずいた鬼に祖霊の魂がゆっくり入っていきます。お囃子の程よいところで、鬼たちが一斉に舞い始めます。すでに、鬼の仮面をかぶっている人が踊っているのではありません。鬼が踊っているのです。いや、鬼があるものに踊らされているのです。あるものとは何でしょうか。

能楽師の安田登によると、鬼という漢字は跪坐(きざ)する人が仮面をつけた姿で、仮面はただの扮装のための道具ではなく、仮面には本人の意志を超えて、舞を舞わせる力があるそうです。

鬼剣舞も同じです。魂の通り道になった鬼の体が、何ものかに踊らされます。飛び跳ね、廻り、足を踏み、刀を振るい、全霊で踊り終えた鬼はまたひざまずいて、そして息を整え、うなだれ礼をします。でもこれは礼ではありません。脱魂なのでしょう。

そもそも、北上市谷地鬼剣舞のみなさんとの交流は滝つながりでした。今から5年前に下海上の谷地大滝をきれいにする会を立ち上げて、荒れた滝周辺の藪払い、草刈り、桜の苗木植え、土入れ、道普請、東屋つくり、駐車場整備などを少しずつ進めてきました。3年前にその様子を新聞に取り上げてもらったところ、記事を見た北上市谷地鬼剣舞の佐藤さんから「きれいにする会」会長宛てにお手紙をいただきました。それがきっかけで交流の運びとなったのです。谷地大滝大明神が取り持つ縁というものでしょう。

今年も勇壮、華麗な素晴らしい踊りを見せてくれた谷地鬼剣舞のみなさんに感謝したい。若い踊り手も増えているとのことで頼もしいかぎりです。守るべきものは、山河と伝統なのだと、改めて思いました。

            鬼剣舞5.JPG
            鬼剣舞1.JPG
            鬼剣舞2.JPG
            鬼剣舞3.JPG
            鬼剣舞4.JPG
            鬼剣舞6.JPG
            鬼剣舞7.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。