So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

6回目の月待ち

雲ひとつなく晴れ渡る秋の午後、十三夜の参加者が三々五々集まってきました。なんと穏やかな秋の日なのでしょう。ススキの白い穂がそよと揺れ、桂の黄葉がはらはらと舞い、染め上がった赤トンボが笊籠の上でじっとしています。今年は台風が多かったので、こんな秋日和の楽土が心にしみます。

やがて日が陰ってきました。すでに囲炉裏の周りに人が集まり炭火を囲んでいます。中座敷奥座敷でそれぞれが談笑しています。自ずと古民家に月夜の舞台が作られてゆきます。

その舞台に師や先生と呼ばれる人が立つと、たちまちのうちに空気は変容します。ピアノの音が鳴りはじめると、もう私たちは別の世界のただなかに立っているではありませんか。張りつめているにもかかわらず空気はやわらかく暖かいのです。

かつてショパンやベートーベンが感じたでしょう魂の震えを、200年という時空を超えて今感じています。今感じている心地よさは、大作曲家が感じた心地よさなのです。彼らがいた世界が立ち現れ、その世界と通じ合うことができます。それを繋いでくれた桂先生のピアノの演奏はすばらしい。私はクラシックに疎いですが、感じることができます。体の奥底に眠っていた何かが目を覚まし、喜んでいることを。

松林の裏に張りついていた十三夜の月は、すでに林を抜け、天空の表舞台に姿かたちを明らかにしています。煌々と照る月影。お月様もピアノの心地よい演奏に誘われてお出ましになられました。月と古民家とピアノと人が織りなす錦秋の時空にとっぷりと浸かる幸せなひと時をもつことができました。

古民家でのピアノ演奏という、決して条件がいいとは言えない中で、心を揺り動かす演奏をしてくださった桂先生に感謝です。良き人の周りには良き人が集まる、のごとく先生のお仲間たちは心優しい人たちでした。また、遠く東京や盛岡、八戸、九戸、一戸から来て下さり、地元からもたくさんの人たちが参加してくれました。お赤飯や南部煎餅、お菓子などの差し入れもたくさんいただきました。月見弁当、月見饅頭の仕出しのさとう、栄宝堂さんにもお世話になりました。いろいろな人たちの良き力が合い和し、総勢38人で6回目の十三夜を無事終えることができました。ここにお礼を申し上げます。

            十三夜.JPG
            十三夜1.JPG
            十三夜2.JPG
            十三夜3.JPG
            十三夜4.JPG

            

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。