So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の12件 | -

北上川源流1

旧暦六月の満月だからでしょうか、赤トンボの羽化が一斉に始まりました。たぶんアキアカネだと思います。毎年、おそらく100匹以上の数の赤トンボが田んぼから湧いて出てきます。湧く、という表現がぴったりするほど、青年にまで育った稲のあちこちに、抜け殻に捕まった赤とんぼがじっと息をひそめています。近づけば、ひらひらとまるで蝶のように心もとなく飛んで、また近くの稲に捕まります。可愛いものです。この赤トンボのふる里が私の田んぼだと思うと、すこし胸を張りたくなります。全くの自己満足と言えますが。

思えば赤トンボのために苗消毒もせずに除草剤もカメムシ防除剤も撒かずに、お米を作っているようなものです。よく趣味だからできるんだよ、と言われます。その通りです。たかだか1反半ほどの田んぼだからできるのです。何事も魁より始めよ、で無農薬で米野菜を作り続けて4年目になりました。でもそのことによって、苦労も多いのです。田んぼではまずイネドロオイムシの大量発生です。苗を植えて2週間目ごろから、這い上がってきたドロオイムシが苗を齧ります。苗は黄色く白く変色し、絣模様になって、見るからに貧相です。ちゃんと育つのか心配になります。胡桃や空木の葉で虫を払います、何度も。そして、待ちます。ことを尽くして待ちます。そのうちに苗は元気になって、茎が分けつして青い葉が伸びてきます。そうなれば他の田んぼと遜色がないくらいになります。いつの間にかドロオイムシの姿も見えなくなります。成虫になったのでしょう。この後も穂が出るころにカメムシが、実りのころにイネコウジカビがつき苦労は続きますが、数はそう多くはなく、手でひとつひとつ取り除けば事なきを得ます。

さて、この里の空が赤トンボの群れで真っ赤に染まる風景を夢見て、日々、除草機を転がし、手で草を取り、その合間にドロオイムシを払う、そんな修業がひと月半続いた7月の半ばをもって今年の田草取りの目途がつきましたので、骨休めに啄木や賢治も親しんだ北上川、その源流を訪ねることにしました。(つづく)

            IMG_4565.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

ヤゴ

稲田の草取りという「修業」が終わりに近づいています。6月の頭からほぼ一か月半、一日3時間ほど、雨が降り続いた翌日などはその雨の日の分も取り戻そうと、午前午後3時間ずつの6時間、田に入って草取りをしました。もしも、腰をかがめて泥の中を一歩一歩進んで草取りをする姿を俯瞰するならば、さながら田んぼにへばりついている奇妙な泥虫です。いつも田の上を飛び交い、木々を渡り合う鳥たちには、どう見えていたのでしょうか。不可解なことをする奴がいるもんだ、と思ったに違いありません。

それにしても田んぼは虫の宝庫です。地球の3分の2以上の生物の種が昆虫だと言われていますが、その縮図が田んぼにあります。いつも水が湛えられているからでしょう、いろんな虫が水の中に水の上に田の周りにいます。生き物のあまたのドラマが日々展開されています。田んぼに「通学」していると、その一部を垣間見、学ぶことができます。

今年もトンボのヤゴがたくさんに生まれました。黒っぽいヤゴ、薄緑のヤゴ、小さいヤゴ、長いもの、尾びれがついたものなど何種類かいるのですが、同定は難しい。毎年7月と8月に青いイトトンボとアキアカネとウスバキトンボが大量に発生します。そのトンボたちの旅立ちが見たくて除草剤を撒くことなく草取りの「修業」をしている、とも言えます。

野菜もそうですがお米の栽培は、稲の苗を一人勝ちにすることです。ヒエ、ホタルイ、シズイ、オモダカ、コナギなどの芽をひたすら掻き回し、その小苗たちを逐一抜いていきます。人の力によって稲を一人勝ちに近づけていく、それがお米の栽培というものです。

その一人勝ちの程度と方法ですが、私には完全な一人勝ちは性に合いません。除草剤を使わずにある程度の稲の一人勝ちを目指しているのですが、草は待ってくれません。雨後の筍と同じようにずんずん伸びます。わしわし広がります。暑いさなかの長時間作業、それも足を取られての作業は、かなり骨が折れます。骨身を惜しむわけではありませんが、田に撒いてもヤゴたちが安心して棲める除草剤がないものでしょうか。願わくば、誰か発明してくれるといいのですが。そうなれば喜んでその除草剤を使うでしょう。

やっと青年にまで育った今年の稲たち。夏の風に、まるで弦を引き鳴らすように、青葉を揺らしています。田んぼが心地よい音楽を奏でています。出穂も近づいています。

            IMG_4425.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

夏野菜固定種

今年も種から夏野菜の苗を育てました。トマト5種、ナス2種、キュウリ2種、ピーマン、南部ナンバン、タカノツメ、オクラ、鶴首カボチャ、夕顔、ニガウリ、へちま、オクラ、ズッキーニ、青紫蘇、エゴマ、バジルなど、全部F1ではない固定種です。岩手県には伝統野菜の岩手みどり豆と黒豆の雁喰(がんくい)豆があり、それも畑に蒔きました。すでに双葉が出て30センチほどに育っています。

種は自家採取のものもありますが、買い求めたものもあります。畑が相当広くないと、他の種類と交雑しますので、自家採取はなかなか難しいのです。苗床やポットに種を蒔きましたが、青紫蘇とバジルの芽が出なかったり、野ネズミがカボチャの種とトマトの芽を齧ってしまったりして、蒔き直しをしました。その後は順調に芽が出て育ちました。

それにしても一粒の小さな種から芽が出て大きくなって実をつける、その生命力の偉大さにはびっくりします。ゴマ粒ほどの種から育てると、それが実感できます。伸びようとするいのちの力の大きさと言ったら、.それは驚愕に値します。農薬を使わなくても、野菜が種から育ち、実をつけるのを目の当たりにすると、いのちや身体へのゆるぎない肯定感が広がります。本来人の体だってそんなヤワではないはずです。野菜が薬漬けで育てられる社会は、人の体も薬漬けになります。種が遺伝操作される社会は、必ず人の体も遺伝子をいじくられます。人の脳の暴走に歯止めをかけ、「科学」との程よいつきあい方を知っていきたいものです。そのためにも自然から学ぶことはたくさんあるのです。

種は自然からの贈り物です。それに手を加えたからと言って、今はそれが当たり前になってしまいましたが特許を取って独占する、それは不遜なことです。人はそもそも種そのものは作れないのです。自然からの贈与であった種を人が少しばかり手を加えたからと言って勝手に種苗法などの法律で縛るのは納得がいきません。

また、昭和27年から種子法でずっと守ってきた優良な種、それが「自由」「選択」の名のもとに廃止され、種の保存が危うくなってきました。声高にあるいは執拗に自由や選択が叫ばれるとき、私たちは、その「自由」や「選択」を疑う必要があります。あるところから圧がかけられていることが多いのです。

「よいものはカタツムリのように進む。」これからも無農薬で、遺伝子操作されていない固定種の野菜を育てていきたいと思います。

            IMG_4408.JPG
            IMG_4410.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

弁天島

田植えが終わりひと段落したので、目時(めとき)駅から電車に乗って鮫駅まで行き、そこで電動自転車を借りて、蕪島、鮫角(さめかど)灯台、葦毛崎(あしげさき)展望台、白浜、種差海岸、高岩展望台、弁天島、塩釜神社へ自転車小旅行に行ってきました。天気がよく、海風が心地よい一日でした。里山に暮らしていると、時々「潮のにほひ」のする町に行きたくなります。遠い記憶の中のどこか懐かしい海の匂いに包まれると、私の体は満ち足りたような安堵を覚えるからです。

最終目的地は弁天島ですが、曲り角を見落とし、そのまま通り越して塩釜神社まで行きました。そこから引き返して復路に弁天島に寄りました。ウミネコの繁殖地として蕪島が有名ですが、平日でしたその日も蕪島には観光客がたくさんいました。が、ここ弁天島には観光客はだれもいません。弁天島もウミネコの営巣地で、ウミネコが島を埋め尽くしていました。大きな海を背にして、小さな漁港の真向いにある三基の赤い鳥居、その上に広がる青い空。漁港の堤防の端に自転車を止め、みょうみょうと鳴くウミネコの声を浴びるように聞いていると、どこか遠い遠い世界にいるような気がしてきます。
東北大震災の時、弁天島の鳥居は津波で流され、その一部が7,000キロ離れたアメリカの西海岸に漂着したそうです。津波のエネルギーの大きさと、海は世界に通じていることを改めて思いました。

往復5時間、電車の時間もあり、のんびりゆったりとはいきませんでしたが、いい気分転換になりました。これから7月半ばまで、時鳥や郭公の声をBGMにして、草取りをする田んぼが待っています。

            弁天島.JPG
            目時駅.JPG
            鮫駅.JPG
            ハマナス浜昼顔.JPG
            神明神社.JPG
            高岩展望台.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

田仕事の鐘

ツツドリやホトトギスが鳴き始め、三つ葉空木や藤が咲き始めました。鳥や花たちが、北国ももうすぐ田植えですよ、と教えてくれています。

旧暦の四月一日、卯月の始まりの日に田に水を入れることにしました。用水路からではなく、小さな川から直接水を引いているので、手間がかかります。パイプを補修し、つなぎ合わせ、砂袋でパイプを押さえ、水路を掘り直し、再び水が川に戻るように出口も確保するなど、いろいろとやることがあります。5月末の田植えに向けて粛々と準備を進めているところです。

田んぼの周りの山の緑が一斉にふくらみ、畔に春の草草が伸びてきました。あふれる緑に囲まれ深呼吸をします。いのちがふくらむほどいい気分です。いよいよ今年の田仕事が始まります。体の内なる鐘つき堂の鐘が鳴り出しました。

今年の米作りはどうなるのでしょうか。台風や大雨、ドロオイムシ、カメムシ、ヤマドリ、赤トンボ、蛙、ヤゴ、蜘蛛、浮き草、アオミドロ、それにいろいろな田草たち。どんな出会いとなるのでしょうか。よいことも悪いことも想像を超えた出来事が、毎年田んぼに起こります。時間や気持ちに余裕を持って、焦らずに「のうがみさま」と楽しめたらいい、と思います。

            IMG_4291.JPG
            IMG_4297.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

春のよき日に

気持ち良い春の朝です。風のおだやかなほっこりいい天気の中、6年目がオープンしました。午前中は、みんなでお昼の準備をします。台所でにぎやかにおしゃべりしながら定番のひっつみを作り、おにぎりをにぎります。いつものひっつみとおにぎりの味に舌鼓。これがいいのです。いつものおいしさに安心感が広がります。さくらんぼや紫木蓮や水仙の花が満開です。タンポポやオオイヌノフグリやスミレやアズマイチゲやエンゴサクやカキドオシやイヌナズナなど、庭の花々たちに迎えられ、6年目の縄文のうずまき社が動き出したことをうれしく思います。6年目ですか、早かったとも言えますしゆっくりだったとも言えます。

それにしても、少しずつこの土地に家に水に、私の体が馴染んできた気がします。植えた時は苗木だった桜の木が若木になって、花を咲かせています。山野草も株を大きくして花芽をふふませています。年月は移ろい、家も庭も風景も前に進んでいることを改めて思い知るのです。

旧暦の三月十六日は米粉のお団子をお供えし、のうがみさま(農神様?)を迎える日です。のうがみさまが山から種を持って里に下りていらっしゃる。これから旧暦の九月十六日にのうがみさまがその年の収穫物の種を持って山へ帰るまで、のうがみさまとともに里で米作りをします。米や野菜作りは、のうがみさまとの共同作業なのです。今年もよろしくお頼み申します。

「よいものはカタツムリのように進む」(インド独立の父、マハトマ・ガンディー)
今年もゆっくりを心掛けて、春風の中、颯爽と動き出すことにしましょう。

            オープン4.jpg
            2古民家宮本.jpg
            オープン2.jpg
            オープン3.jpg
            宮本3古民家.jpg
            さくらんぼと紫木蓮.JPG
            オープン朝.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

6年目オープン2

ひと雨ごとに雪が消えて、水の分子が溶け出し、春が動き始めました。凍っていた天地が春になって、ほどける、という言葉がぴったりの感じで、土はぬかるみ、草木は芽をだし、鳥はしきりにさえずります。田畑の準備で、家の前の農道を軽トラやトラクターが盛んに行き来しています。人も動き出しました。一旦動き始めると、天地も人事ももう止まることを知りません。夏に向けて加速していくばかりです。

庭のフキノトウが顔をだし、福寿草、クロッカス、アズマイチゲ、キクザキイチゲが咲き、木蓮や桃や桜のつぼみがだいぶふくらんできました。私の夢や希望は、輪郭が定まらぬ茫洋としたものですが、つぼみがふくらむとなんとなく夢や希望もふくらんでくるようで、春はうれしい。

電線に引っ掛かりそうな枝を伐り、生垣を整枝し、石をどかし、薪を割り、枯草を焼く。冬に歪んだ庭を整えていると、もう日が暮れかかる時刻です。

私の中では、ひたすら嘘をつき、ひたすら隠ぺいする邪悪なものの対極に、花はあります。春の花が咲き乱れる庭や野山を思い描きつつ、今朝も庭仕事に出ます。

            IMG_4182.JPG
            IMG_4186.JPG

縄文のうずまき社  6年目オープン

2018年4月22日(日)<旧暦三月七日>10時オープン   
10時:オープン  12時:昼食  午後は百人一首をします。
参加希望者は、4月20日までに連絡ください。参加費300円。

開社日時:  西暦4月22日(日)~11月10日(土)
<陰暦三月七日~十月三日> の10時~16時ごろまで。
土間、座敷、囲炉裏の間、巨木の庭など公開しています。田畑に出ていることが多いので、事前に連絡してください。
 
・戸(へ)の月の会を作り、旧暦九月十三日に十三夜のお月見を楽しんでいます。一緒に十三夜の月待ちをしませんか。今年は10月21日(日)に開催します。七夕は8月17日<旧暦七月七日>です。
・カワイイ伝統食の会を開いています。伝統食に興味のある人はお知らせください。
・無農薬、自然栽培のお米、固定種の野菜、そば、高キビ作り、栗子農園に参加しませんか。
・下海上の谷地の大滝、海上川(金田一川)の環境整備を一緒にしませんか

開社日時 西暦4月22日(日)~11月11日(土)
<陰暦三月二十七日~九月二十三日> の10時~15時まで。
土間、座敷、囲炉裏の間、巨木の庭など公開しています。田畑に出ていることが多いので、前日までに連絡ください。   
 
メール:jomon.uzumakisha@gmail.com

            IMG_7686.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

6年目オープン

           
            縄文のうずまき社  6年目オープン
2018年4月22日(日)<旧暦三月七日>10時オープン   
10時:オープン  12時:昼食  午後は百人一首をします。
参加希望者は、4月20日までに連絡ください。参加費300円。

開社日時:  西暦4月22日(日)~11月10日(土)
<陰暦三月七日~十月三日> の10時~16時ごろまで。
土間、座敷、囲炉裏の間、巨木の庭など公開しています。田畑に出ていることが多いので、事前に連絡してください。
 
・戸(へ)の月の会を作り、旧暦九月十三日に十三夜のお月見を楽しんでいます。一緒に十三夜の月待ちをしませんか。今年は10月21日(日)に開催します。七夕は8月17日<旧暦七月七日>です。
・カワイイ伝統食の会を開いています。伝統食に興味のある人はお知らせください。
・無農薬、自然栽培のお米、固定種の野菜、そば、高キビ作り、栗子農園に参加しませんか。
・下海上の谷地の大滝、海上川(金田一川)の環境整備を一緒にしませんか。

開社日時 西暦4月22日(日)~11月11日(土)
<陰暦三月二十七日~九月二十三日> の10時~15時まで。
土間、座敷、囲炉裏の間、巨木の庭など公開しています。田畑に出ていることが多いので、前日までに連絡ください。   
 
メール:jomon.uzumakisha@gmail.com

            谷地鬼剣舞.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

冬の峠

この時節は、むやみに眠いのです。「暁を覚えず」の春眠とは違い、昼間にやたらと眠くなります。もしかしたら、体の奥底に眠っていた冬眠の遺伝子が目覚めるからなのかもしれません。

この地にかつて暮らしていた縄文人、彼らは冬眠をしていたのでしょうか。きっとしていたに違いありません。冬は大してやることがありません。服のほころびを繕ったりもしたでしょうが、雪が積もり、寒くてやることがなければ、人は眠たくなります。動きたくなれば動き、眠りたくなれば眠る、それが自然の理というものでしょう。一つどころに集まり、火を絶やさないようにしながら、おそらく交代で冬眠をしたのではないでしょうか。だれも証明できないものを、あれやこれや想像してみるのも冬の楽しみの一つです。

想像のもう一つは、時間の流れです。都会へ行くと、時間は速く流れています。街中や駅を人々は足早に歩きます。田舎にいると時間はゆっくり流れています。息せき切って急ぐ人はいません。では縄文の時代はどうだったのでしょう。ここよりずっとゆっくり流れていたのでしょうか。一説に時間の概念がなかったといいます。人類は書き言葉を得て、直線的な時間を獲得したといいます。今のように自然を対象化することなく、自然という額縁の中で、そこから抜け出すことなく暮らすという感覚はどういうものだったのでしょうか。田畑や野山が無人になる北国の冬は、そんな感覚を探るいい機会です。

連日、最高気温が氷点下で、冷凍庫の中にいるようです。凛とした寒さは、身も心も引き締まります。生活は縮こまりますが、今は内に向かう時期なのだと思うと、悪くありません。そういう日々があっていい、と思うのです。

庭の脇を流れる海上川は、両岸に氷を張りつめ川幅を狭めています。流れているのかいないのか、おとなしいけれども、氷雪の白帯を着飾り、きらめいています。

とうに野山の赤い実は目立たなくなっていますが、川岸にある漆の木々には、まだ金色の神楽鈴のような実が残っていて、鳥たちが群れています。近づけば、騒がしく鳴きながら一斉に飛び立ちます。漆の実は、冬の鳥たちのいくつものいのちを繋いでいることでしょうか。

立春です。寒さも峠に差しかかりました。冬は峠道をおりてゆくことになります。春を心待ちにしたいと思います。

月暦で言うと、今年は2月15日が大晦日、16日が正月の一月一日、3月2日が小正月になります。

冬まなか雪の岸辺の青空に漆の木々の実くきやかにあり
冬空のうす青くして半眼の月松山をひそかに上る
まっさらの雪踏みしめるうれしさよ われのうちにも清き雪あれ

            IMG_3958.JPG
            雪の朝2.JPG
             



nice!(0)  コメント(0) 

冬の眠りに

すでに真冬の気圏に入りました。朝は連日氷点下で、最高気温が氷点下の日もあります。今年は早くから雪が降り、このまま根雪になることでしょう。山は色を失い、川は歌うことをやめました。畑の大根などの葉物は、雪をかき分けると凍ったまま緑の葉を保っています。山川草木は、ありのままに冬を迎え入れています。私も自然体でいたいと思いますが、北国に住んで日月も浅く、まだ冬の構えを必要とします。

これからほぼ4カ月、雪の暮らしになり、世界は別物になります。音もなくひたすら降り積もる雪に、時には恐怖を覚え、冬晴れの朝の雪面の煌めきに、美しさの極みを見ます。雪は、この世の恐怖も狂気も冷酷も、純粋も潔白も温もりも、みんな教えてくれます。

冬至が過ぎ、太陽が復活しました。すでに桂や楓や胡桃や栗などの庭の木々たちは冬芽を用意し、春をじっと待ち望んでいます。これから大寒に向かって春を内包しながら、冬はその色を濃くし、時を前へ進めていきます。


歌♪ 冬の眠りに ♪

1、.遠い遠い   空の  向こうから 
白い白い   雪が  落ちてくる
松の枝に   杉の山に   止めどもなーく  落ちてくる     
まるで 野山を  包んで   眠らす  ように
                                  
2、遠い遠い   空の  向こうから 
白い白い   雪が  落ちてくる
屋根の上に  橋の上に   止めどもなーく 落ちてくる
まるで 村村   包んで   眠らす  ように

3、遠い遠い   空の  向こうから 
白い白い   雪が  落ちてくる
きみの髪に  ぼくの肩に  止めどもなーく 落ちてくる
まるで 二人を  包んで   眠らす  ように

このまま このまま  眠ってしまう かも しれない
このまま このまま   冬の眠りに  つく のだろう

            IMG_3871.JPG


nice!(1)  コメント(0) 

東京へ

午後6時新宿駅で待ち合わせをしたのですが、ちょうど退勤時刻に重なったからでしょうか、ものすごい人の流れです。まるで、何者かに壊された蟻の巣のような人の流れ。都市は偉大で、異様です。

二戸に帰って、山の畑で片づけをしていたら、午後4時にはすでに月が出ていました。無風無音無人で、山と里のあわいの野ぎわの風景に、体が溶け出しそうでした。私が消え失せ、風景の一部になった気がしました。

経済格差もさることながら、この都市と田舎の風景の格差は、何なんでしょう。同じ時代の同じ日本の風景とは思えません。時代の流れの中で格差は生まれるものではあるけれど、極端というのは考えものです。格差是正に国や政治の役割があると思うのですが、今は逆です。格差を進んで助長し作り出しています、なぜでしょう。

農業漁業林業で豊かに暮らしていける社会を、もう一度新しく作り直せないのでしょうか。美しい農村や漁村や里山の広がる風景を想像してみます。普通に人がいて普通に家や建物があり普通に自然がある風景。そんな調和のとれた風景は、もう想像の世界の中でしかないのでしょうか。除草剤やカメムシ防除剤を大量に撒き、化学肥料を大量に使う農業。いつから私たちは、草を嫌い虫を嫌い土を嫌い、総じて自然を嫌うようになったのでしょうか。

能楽堂で能や狂言を見、北斎美術館に行き、運慶展に足を運び、銀嶺ホールで「人生フルーツ」を見、ジュンク堂で本を買い、いくつか個展に寄り、喫茶店でコーヒーを飲みながら、あれやこれやを思い巡らし、考え、東京を楽しんできました。

そして帰ってきました。私はここで暮らしながら、体の中の内なる自然をもっと広げていきたい、そう思いました。

静止画の風景の中に溶け出だす山の畑の午後4時の我
山里の冬の初めにしとど降る雨は冷たき温かきもの

            IMG_3835.JPG
            IMG_3829.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

後生掛温泉

農事が大方終わりましたので、骨休めに後生掛(ごしょうがけ)温泉に行ってきました。時おり北風が吹き荒れ、枯れ草がなびき、色あせた木々の葉が流れ落ち、初冬の気配漂う山道に車を走らせます。幾分紅葉の残っている山里を過ぎて、八幡平の頂上に通じる山道に入ると、林の中に湯気が上っています。もう温泉はじきです。

春から夏の、盛りの季節を過ぎ、秋から冬の、翳りの季節を目の前にして、今年の農事のあれやこれやを思いつつ、温泉に浸かります。低温で雨の多い年でした。春先に泥負い虫が大発生しました。、ヌカカやブヨによく刺され、冷夏で嵩(かさ)は張っていましたが実は少なく、ぬかるみに足を取られ作業がはかどらず、などと今年の米作りの苦労を思い起こします。でも男時(おどき)女時(めどき)が順次繰り返されるのは、「力なき因果」だと世阿弥が言うように、きっといい年もあるでしょう、と根拠なき確信?が湧いてくるのも、温泉の効能のひとつです。蒸し風呂、気泡風呂、泥風呂、露天風呂と浸かり、地球の体温を感じながら疲れをほぐします。体に沁みついた温泉のにおいは消えることなく、効能が長続きしそうです。

八甲田に地獄沼がありましたが、ここにも地獄がありました。泥湯温度94度の紺屋地獄です。染料を煮ているかのように硫化鉄の沈殿物が蒸気となって湧きあがります。じっと見ていると、湧いているのに吸い込まれそうになる力に満ちているから不思議です。地獄があの世の地下にあるのではなく、この世の水平方向の地続きにある、それがなんともいいのです。ただし、善人も悪人もここで地獄を見ることができますが、中には入れません。熱すぎます。

後生掛けの名にあやかり、そう遠くはない私のあの世(後生)が、極楽であることを願い、ついでにこれからの今生も極楽であることを願いつつ、温泉をあとにしました。

氷が張る朝もあり、すでに暖房の欠かせない冬が動き出しました。

            IMG_3800.JPG
            IMG_3801.JPG
            IMG_3812.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
前の12件 | -