So-net無料ブログ作成
検索選択

七崎神社

欠損、ずれ、ゆらぎ、ひずみ、すきま、などというものに気づき、それが心中大きな位置を占めるようになったのは、いつからなのでしょう。子どものころは考えもしなかったでしょうから、大人になってからなのでしょう。それも比較的最近のような気がします。けれど、小さい時や若い時は気づかなくても、自ずと欠損に向けて、それを穴埋めするために行動していたのかも知れません。

欠損は、完全に埋めることはできないし、ふさぐこともできないのですが、欠損を埋めようとしたり、すきまをふさごうとしたりするとき、大きなエネルギーが湧きたつ気がします。人は、生まれた時から死に向かって生きていて、不老不死ではありませんし、そもそも宇宙は欠損から生まれ出たのかもしれません。人も宇宙も欠損を抱え持つ存在なのでしょうか。

北・東北で大きな欠損地はどこかというと、それは十和田湖です。縄文時代前期にも、915年(平安延喜15年)にも 大爆発がありました。大きな欠けが生じ、そこに水が溜まって湖になりました。十和田湖を前にするといつも、湖が悲しみを吸い取り喜びを受け止めてくれる、それも丸ごと。この全能感がたまりません。春から秋にかけて時々出かけます。

さて、初詣に五戸の七崎(ならさき)神社に行ってきました。今は八戸市に編入されましたが、中世は永福寺、近世は徳楽寺として栄え、参詣人が絶えなかったといいます。十和田霊場の修験の拠点でした。江戸時代に盛んだった十和田信仰の本拠地でした。廃仏毀釈で伽藍はすっかり縮小され、今はひっそり閑としていますが、苔むす落ち着いたたたずまいと樹齢千年の三本の杉が、古刹であることを物語っています。時の湖を湛え、時の堆積を称えている神社です。

凡庸でいい。今年一年の安寧を祈ってきました。

             IMG_2715.JPG
             IMG_2711.JPG
             IMG_2712.JPG
             IMG_2708.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

小正月のお祝い

宇宙は渦を巻きながら今も、ある方向に進んでいます。その宇宙リズムである時間は、直線で進む時間と繰り返す時間があります。時間は、くり返しながら前に進んでいて、それをだれも押しとどめることはできません。人も動植物も、宇宙のとてつもない時空の中で、その片隅のさらに片隅に誕生し、ほんのひと時のいのちを与えられ、成熟し、そして枯れてゆきます。そういう意味で、人も動植物も大金持ちだろうが貧乏だろうが、時間は平等です。

産業革命以後、直線に進む時間ばかりが重視され、繰り返す時間は脇に追いやられてしまいましたが、賢治の言う「すきとおったほんとうのたべもの」の学問や文化や芸術は、繰り返しの時間の中から生まれてくるような気がします。繰り返しの時間が、知性や感性の深みを引き連れてくれます。直線的で表層的な知性の一部は、やがて反転して反知性になり、貧困と格差を生み出してきた気がします。戦争がそうであるように、貧困と格差も反知性の吐瀉物なのです。

いまだ雪は降り寒くもありますが、雪交じりの雨が降るようになってきて、今年も小正月(旧暦の一月十五日)がやって来ました。眠っていたいのちの春が、雪解け水で目を覚ましました。地域のみなさんと一緒にお雑煮を食べ、カルタやどっぴきや輪投げ遊びをし、お酒も飲んで、小正月を祝い楽しみました。

過疎や老齢化の波がひたひたと寄せてはいますが、「楽しかった。来年もまたやりましょう」「来年もできたらいいね」などとみなさんが声をかけながら、それぞれの家に笑顔を運ぶために帰ってゆきます。土間にあったたくさんの長靴はあるじを得て、一つまた一つ雪道に消えていきました。

先日シュレーゲルアオガエルの鳴き声が、海上川のほうから聞こえてきました。如月(きさらぎ)、春の気がさらにやってきます。北国の春様、お待ち申しておりました。

            IMG_2698.JPG
           
nice!(0)  コメント(0)