So-net無料ブログ作成
検索選択

旧正月

明けましておめでとうございます。

小寒大寒の、寒さの頂きを越え、旧正月を迎えました。これからは、寒さが一つまた一つ、休憩をはさみながらも和らいできます。西暦の正月のように、この先大寒を迎えることがないので、春はいまだ小さいけれど、「新春のお喜び申し上げます」が実感を伴って、心と体に届いてきます。と言っても、寒さがここしばらくは居座るのが北国ですが、ピークはこの先にはなく、これからは、あえかにも確かな春の兆しが、雪景色の中に見え隠れすることでしょう。たとえば、雪野原に落とし映された木々たちの影。冬の間は固く締まっていた灰色の影が、しだいに水色をにじませ、小さく揺れ始めるように。

霜降の頃から冬に備えて、構えを作り覚悟を育て、私という汽車は冬を出発しました。大寒を乗り越え、ここまで来たものの、冬寒の覚悟には賞味期限があり、冬構えの効力も期間限定と言えます。
立春が過ぎて寒中ほどの寒さではないと言っても、寒さは続きます。長さゆえに寒さに飽きがくると、構えの車輪が軋み、覚悟のネジが緩んできます。それは、北国の寒さが長いからでもあるし、私が北国の新米の汽車、だからでもあります。ですから、寒さの中に春の兆しのいろいろを見つけ、また今年の農事や催しの「作付け」のあれやこれやをめぐらし、しばらくは雪景色を楽しみながら、ゆっくり走っていこうと思います。今年もよろしくお願いします。

先日の冬季限定お茶会で、今年も地域の小正月行事をすることになりました。2月12日(日)<陰暦一月十六日>11時から14時まで、縄文のうずまき社で、お雑煮を食べ、カルタやどっぴきなどのお正月遊びを地域のみなさんと楽しみ、春をお祝いします。

            IMG_2561.JPG
            IMG_2574.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。