So-net無料ブログ作成

4年目の十三夜

岩手県二戸市の荒れた古民家に4年間通いながら片づけをしました。その後に移住して2年目の夏、戸(へ)の月の会を結成し、毎年、十三夜を地元の人たちと楽しんでいます。今年で4回目の十三夜の催しです。

古民家で月夜を迎えると、そこに異界が立ち現れます。集まったみなさんと一緒に、古民家の船に乗り、月の世界を旅している気分に浸れます。一役買ってくれるのが芸能の催しです。ピアノ、琴、ギター、オカリナの演奏や唄や落語を通して、月のエネルギーが体を通過します。里山で日常と異なる月夜の世界に浸る時間は楽しい。その非日常の世界はまた、日常の世界を輝かせてくれます。

満月もいいですが、十三夜がいい。高みに向けて日々精進する伎芸者の姿勢と、満月の完成へ近づこうとしている十三夜の月とは通底するものがあり、それが日本人の感性に響くのでしょうか。

会が始まったころ山の端から上ってきたお月さんは、終わるころには庭の正面高くに輝いています。中天に差しかかる十三のお月さんに見守られながら、みなさん帰宅の途に就きます。

今年は晴天に恵まれた十三夜でした。なかなか松山の端から顔を出さなかったお月さんでしたが、落語とアイヌの唄が終わるころには、さやかな光のお月さんが、私の姿を見て見て、と言わんばかりに静謐な美しさをたたえもって東の空に輝いていました。息をのむ美しさとはこのことを言うのでしょう。総勢26人で見る月見、晴れてよかった。少しばかり興奮した気持ちをお月様の青い光が醒ましてくれた夜でした。

素晴らしい十三夜を演出してくださった落語のてくてく亭あゆむさん、アイヌの唄のまったり~ず ルーアプカシ UPOPOのみなさん、参集してくださったみなさん、そしてお月様。お蔭様でいい十三夜のひと夜を過ごすことができました。ありがとうございます。

11月3日(木)はアシリ・レラさんのカムイユーカラの催しがあります。

2016年度産の無農薬天日干しのお米・高キビ、固定種の野菜をお分けします。いずれも、お問い合わせください。

            IMG_2075.JPG
           IMG_2082.JPG
           IMG_2090.JPG
           IMG_2109.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。