So-net無料ブログ作成

発見

陰暦の八月、葉月です。台風の影響でしょうか、お盆が過ぎても暑い日が続いています。雨風が激しかった翌朝は、稲や高キビが倒れていないか田畑を見回ります。倒れていれば起こし、この程度でよかった、と安堵します。

田んぼを見回って発見したことがあります。お盆のころ、薄羽黄蜻蛉(ウスバキトンボ)が一斉に羽化していたのです。ヤゴはアキアカネより黒く大きく、イネの背丈が伸びた分、高い位置で羽化していました。一週間ほど、毎日が毎日50匹ほどがイネにつかまったり、田んぼの上を低空飛行したりしていました。

ちょうどお盆のころに、精霊(しょうりょう)様を乗せてどこからともなくやってきて、やがて精霊様を乗せて帰っていくといわれている精霊トンボは、このウスバキトンボのことです。ウスバキトンボの一部はこの地に留まり、一部は北海道にまで旅をするものもいるといいます。留まるものもいて、旅をするものもいる、鳥も虫も人も草木も、生きものはみな同じです。

どこからともなく飛んでくると思っていたら、足元の田んぼからたくさんの赤トンボが羽化し巣立っていたわけで、7月初めにアキアカネが、お盆のころにはウスバキトンボが、一斉に生まれでていたのです。だから田んぼは、いのちを生みだす大きな子宮のひとつ、といえます。もちろん除草剤を使っていないからで、苗箱消毒や除草剤を使っている田んぼは、ヤゴが育ちません。

この夏は、地域の子どもたちと五角箸作りをしたり、幼稚園保育園入園前の小さい子どもたちが遊びに来たりしました。自分のすぐ足元で赤トンボが生まれる環境を、いつまでも子どもたちに残してあげたい。あきつとは秋の虫という意味で、とんぼの古称ですが、秋の使者の赤トンボが、あきつ島の日本の空を赤く染める、そういう日本の秋の原風景を取り戻し、子どもたちに今一度見せてあげたいと思います。

トンボも人も、いのちという、目には見えないが透明でふわふわした何か大きなもの、で強く結びついているのですから。

10月13日(木)午後4時から十三夜月見の会です。
11月 3日(木)午後1時半からアシリ・レラさんのカムイユーカラを聴く会があります。

いずれもお問い合わせください。縄文のうずまき社 

            IMG_1849.JPG
            IMG_1759.JPG
            IMG_1764.JPG
            IMG_1852.JPG 
                      


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。